北海道スバル ドライビングフィールド保全活動

北海道の大自然を駆け抜ける悦びを
未来の北海道スバルファンにも
感じていただくために

私たちはドライビングフィールド
保全活動に取り組みます。

広大な大地、澄み渡る空気、どこまでも続くワインディングロード。

広大な大地、澄み渡る空気、どこまでも続く
ワインディングロード。
北海道には、走ることが“気持ちいい”と
感じさせてくれる
ドライビングフィールドが
広がっています。
しかし、この私たちが見ている北海道の“自然”は、
人の手が加えられた自然本来の姿ではない事を
ご存知でしょうか。

現在一般の人が見ている自然は、既に過去に
人の手によって開拓された場所がほとんどです。
そして原生林の減少、動植物の絶滅危惧や
異常繁殖
それによる人と動植物の
共存の危機など
近年の地球環境の変化で
北海道の自然にも大きな影響が出ています。

北海道の自然

大変残念ながら、これら自然への影響は
全て“人”が原因で起きている現象です。
「当たり前に接している自然もこのままでは
失われてしまい、
そして、SUBARUを
愛する人々が“豊かなライフスタイル”を
愉しめる環境が失われてしまう」
だからこそ、北海道スバルは、
この雄大な北海道という、SUBARUを愛する人々が
“豊かなライフスタイル”を
愉しめる環境を守るため、
環境保全に貢献するとともに地球環境負荷の
低減に積極的に取り組んでいます。

環境保全 豊かなライフスタイル

自然を守る考えと風土を、
これからの当たり前に
していくために。

例えば、植林活動において木が種から苗木になり、
そして成木となり林や森になるまでには
70年以上の年月がかかり、現在私たちが
生きている時間の中で、
北海道本来の自然環境に
戻すことは不可能です。

北海道の自然環境を、一人でも多くの人に
知ってもらい、
自然を守る考えと風土を、
一歩づつ根付かせていくことが
大切であると私たちは考えます。
第一歩として、北海道・知床の環境保全に取り組む
【知床財団】様に協力を仰ぎ、
様々な取り組みを北海道スバルの従業員に
根付かせ、
ゆくゆくはSUBARUにお乗りの皆様に
活動を伝えていきます。

【一つのいのち】知床財団×SUBARU パトロールカームービー

知床財団×SUBARU パトロールカームービー

北海道の自然

知床財団の取り組みを支援する 法人特別年会員に

多くの企業が支援する知床財団の取り組みに、
北海道スバルも法人年会員として
協力支援を行います。
知床自然センターの壁面に北海道スバルのロゴも
掲示いただいています。
お立寄りの際は、ぜひご覧ください。

知床自然センターの壁面に北海道スバルのロゴ

知床財団にパトロールカー2台を寄贈

株式会社SUBARUは、公益財団法人知床財団
(所在地:北海道斜里郡斜里町)が
取り組みされている“知床半島及びその周辺地域の
自然環境に関する調査・研究、
自然保護の普及啓発等の事業活動”を支援するため、
北海道スバルからパトロールカー2台
(フォレスター・クロストレック)を寄贈いたしました。

知床財団にパトロールカー2台を寄贈

しれとこ100平⽅メートル運動への参画

「しれとこ100平⽅メートル運動」とは、
知床国⽴公園内の開拓跡地に
かつてあった豊かな森を復元する活動。
知床国⽴公園内の開拓跡地で植樹や間伐、
枝払いなどを実施し森を育てる活動を進めています。
この活動のボランティアとして
北海道スバルの従業員が参画しています。

しれとこ100平⽅メートル運動への参画

  • しれとこ100平⽅メートル運動への参画
  • しれとこ100平⽅メートル運動への参画
  • しれとこ100平⽅メートル運動への参画
  • しれとこ100平⽅メートル運動への参画